社長賞の表彰および新聞印刷部員の表彰を行いました。

5月29日、新聞印刷部員、印刷発送課員、工場設備課員に対して、社長賞が授与されました。

表彰理由は、注文部数減少という厳しい条件のなかでも、常に損紙部数低減を部員全員が意識してたゆまぬ努力を重ね、損紙部数の削減に顕著な功績をあげ、余剰紙売却益などで会社の収益に大きく貢献したことです。

新聞印刷部、印刷発送課、工場設備課は、原材料費削減で6年連続の社長賞受賞です。

表彰を受けて、社員代表の印刷発送課長が、「現場オペレーターみんなの努力により、トラブルが発生しても、スムーズに問題解決をできるようにしてくれました。大変感謝しています。」と感想を述べました。

社長賞表彰を受ける社員代表者

また同日、3件の部長賞表彰を行いました。

印刷発送課半澤機長は、刷版担当者が気付いていない製版の間違いに気付き、輪転機を停止させ、社外不良紙を未然に防ぎました。

印刷発送課田畑機長は、作業を担当した毎日新聞の広告が第22回毎日グループホールディングス印面QCコンテストの対象となり、審査の結果得点順位3位の好成績を収めました。

印刷発送課半澤機長は、作業を担当したスポニチの広告が第24回毎日グループホールディングス印面QCコンテストの対象となり、審査の結果得点順位3位の好成績を収めました。

部長賞受賞者

6月1日、新聞印刷部内表彰2019年度下期成績第1位と、年間総合成績第1位の部員に対して、表彰式を行いました。

得点集計の結果、下期第1位及び年間総合第1位とも赤木機長でした。赤木機長は3年連続で年間総合第1位です。

表彰を受けて赤木機長から、「みんなの協力があって、3年連続で受賞することができました。ありがとうございます。」と感想がありました。

3年連続第1位の赤木機長

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です