社長賞の表彰と新聞印刷部員の表彰を行いました。

6月6日、新聞印刷部員、印刷発送課員、工場設備課員に対して、社長賞が授与されました。

表彰理由は、部数減少という厳しい環境のなか、日頃から損紙部数低減に一丸となって取り組み、下期には他メーカー製刷版への切り替えを成功させ、インキマイレージの改善や損紙部数の削減による余剰紙売却益などで、会社の収益に大きく貢献したことです。

新聞印刷部員、印刷発送課員、工場設備課員は、原材料費削減で5年連続の社長賞を受賞しました。

表彰を受けて社員代表者が、「部数が減るなか、部員全員の努力のおかげで社長賞を受賞することができました。これからもさらに損紙削減に取り組み、今年度も社長賞をいただけるような成績を残したいと思います。」と今後の抱負を述べました。

輪転機をバックに社長賞の記念撮影

5年連続の社長賞受賞、おめでとうございます。

 

また同日、新聞印刷部内表彰平成30年度下期成績第1位と、年間総合成績第1位から第3位の部員に対して、表彰式を行いました。

得点集計の結果、平成30年度下期第1位は赤木機長でした。年間総合第1位は赤木機長、第2位は田畑機長、第3位は半澤機長でした。

山内社長と上位成績者の記念撮影

表彰を受けて、下期と年間総合で第1位の赤木機長が「これからも損紙削減と品質向上に努めていきます。」と今後の抱負を述べました。

今年度総合成績第1位を目指して、皆さん頑張ってください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です